学費・支援制度

学納金

入学金授業料実験実習費施設設備費厚生福利費合計
前期(入学手続時)400,000円360,000円150,000円150,000円20,000円1,080,000円
後期(9月末)360,000円360,000円

※上記の納入金の他、教科書代、白衣代・実習着代、実習器材等の購入が必要となります。但し購入物品および金額は、学科により異なります。

特待生制度

入学金40万円を免除する制度です

[申込資格] 第1回一般入学試験、または第2回一般入学試験受験者
[申込方法] 第1回一般入学試験、または第2回一般入学試験において特待生として出願する者とする
[審査方法] 当該入学試験において、成績上位者から審査

奨学金制度・教育ローン

本校では各種奨学金制度および教育ローンが利用できます。
日本学生支援機構奨学金・新潟県奨学金・新潟市等市町村の奨学金・新潟県看護職員臨時修学資金・病院からの奨学金・国の教育ローン(日本政策金融公庫)など

1.日本学生支援機構

日本学生支援機構 奨学事業相談センター
☎ 0570-03-7240(直通)

貸与月額

◯第一種(無利子)

自宅通学月額 30,000円・53,000円より選択
自宅外通学月額 30,000円・60,000円より選択

◯第二種(有利子)
月額30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円より選択

予約採用(高校在学中に本校進学後の奨学金が予約できる)

高校在学時に、本校進学後の奨学金を予約することができます。高校を通じて選考を行います。希望する奨学金によって申込みの時期が異なりますので、高校の先生に早めに相談をしてください。また、既卒生であっても、卒業後2年以内であれば、出願することができます
(申し込み先:出身高校)。

◯第一種(4月~6月下旬)
高校での評定平均値3.5以上(全履修科目)

◯第二種(4月~6月下旬・10月上旬・12月中旬)
1~3のいずれかに該当すること

1. 高校での学習成績が平均水準以上
2. 特定分野において、特に優れた能力を有する者
3. 本校における学修に意欲があり、確実に修了できる見込みがある者

在学採用(入学してから申し込む)

本校入学後、希望者を対象に選考し採用されます。入学後奨学金の説明会を行いますので、希望する方は必ず参加してください。

◯第一種(春季)
高校での2・3年次の学習成績が3.2以上

◯第二種(春季)
1~3のいずれかに該当すること

1. 高校での2・3年次の学習成績が平均水準以上
2. 特定分野において、特に優れた能力を有する者
3. 本校における学修に意欲があり、確実に修了できる見込みがある者

2.新潟県奨学金

新潟県教育庁高等学校教育課審査調整係
☎025-280-5609(直通)

新潟県でも奨学金の貸し付けをしています。

1. 人物・学力ともに優秀で経済的理由により修学が困難な者
2. 所得基準・成績基準(高校での評定平均値3.2以上)を満たしていること
3. 日本学生支援機構第一種奨学金(無利子)の貸与を受けていないこと
4. 新潟県内居住者の子弟であること

◯貸与月額(無利子)
自宅通学… 月額43,000円 自宅外通学 … 月額48,000円

3.新潟県看護職員臨時修学資金(看護科のみ)

新潟県医師・看護職員確保対策課 修学資金担当
☎025-280-5178(直通)

看護師等養成所に在学し、下記に該当する者に貸与されます。

1. 卒業し看護職員の資格を取得後、直ちに新潟県内の特定医療施設で看護業務に従事し、5年以上継続して勤務する意志がある方。
2. 所得基準、成績基準は(高校での評定平均値3.2以上)を満たしていること。

■特定医療施設とは…

◯貸与月額(無利子)
月額50,000円
※卒業後5年間継続して勤務した場合、返還が免除されます。

4.その他

市町村の奨学金
新潟市奨学金など
病院の奨学金
病院からも奨学金の貸与を受けることができます。
詳細は病院によって異なります。
国の教育ローン(日本政策金融公庫)

PAGE TOP
資料請求・お問い合わせはお気軽に