教育課程

教育課程

徹底的な個別指導により、臨機応変の施術ができる鍼灸師を養成します。

1年次

基礎分野
情報科学/物理学/国際文化論/心理学/法学/健康とスポーツ/文学/人間関係学/英語Ⅰ
専門基礎分野
解剖学Ⅰ/解剖学Ⅱ/生理学Ⅰ/生理学Ⅱ/生化学/病理学/疾病学Ⅰ/疾病学Ⅱ/疾病学Ⅳ/疾病学Ⅴ/病原微生物学/臨床栄養学/公衆衛生学/医療概論
専門分野I
基礎看護学概論Ⅰ/基礎看護技術Ⅰ/基礎看護技術Ⅱ/基礎看護技術Ⅲ/基礎看護技術Ⅳ/基礎看護技術Ⅴ/基礎看護技術Ⅵ/基礎看護技術Ⅶ/基礎看護技術Ⅷ
専門分野Ⅱ
成人看護学概論/成人看護援助論Ⅰ/老年看護学概論/精神看護学概論Ⅰ/小児看護学概論/母性看護学概論/小児看護援助論Ⅰ
統合分野

2年次

基礎分野
専門基礎分野
解剖学ⅡA・ⅡB/生理学ⅡA・ⅡB/衛生学・公衆衛生学/リハビリテーション医学Ⅰ/病理学概論Ⅰ/臨床医学総論ⅡA・ⅡB/臨床医学各論ⅡA・ⅡB
専門分野
東洋医学概論ⅡA・ⅡB/経絡経穴概論ⅡA・ⅡB/東洋医学臨床論ⅠA・ⅠB/応用実習(はり実技ⅠA・ⅠB)/応用実習(はり実技ⅡA・ⅡB)/応用実習(きゅう実技Ⅰ・Ⅱ)/総合演習ⅡA・ⅡB/臨床実習(臨床実習前実技試験)
選択分野
中国語Ⅱ(選択)/高齢者鍼灸学(介護予防)/上海演習(解剖見学等)(選択)

3年次

基礎分野
専門基礎分野
基礎運動学/スポーツ医学/病理学概論Ⅱ/リハビリテーション医学Ⅱ/関係法規/職業倫理/漢方栄養学
専門分野
はりきゅう理論ⅡA・ⅡB/東洋医学概論Ⅲ/経絡経穴概論Ⅲ/はりきゅう総合学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/総合演習Ⅲ/鍼灸適応学/総合実習/臨床入門(きゅう実技Ⅰ・Ⅱ)/社会はりきゅう学/東洋医学臨床論ⅡA・ⅡB/臨床入門(はり実技Ⅰ・Ⅱ)/病態生理学/臨床実習
選択分野
美容鍼灸・鍼灸不妊治療学/スポーツ・機能訓練鍼灸学/経絡治療・経筋治療

臨床実習

校外から協力患者様を招くことで、現場さながらの経験を積むことができます。

目的

  • 卒業後の臨床現場に近い実践経験を積めます。
  • 患者さんへの適切な対応が出来るようになってもらいます。
  • 施術者としての将来像をより具体的に感じてもらえます。

内容

  • 3段階のステップ(1クール4週間)に分けた教育です。
  • 常に教員の指導の下、安心して実践経験が沢山積めます。

特徴

  • 実習時間は約100時間。
  • 実習直後のフィードバック(振り返り)も丁寧に指導。
  • 症例報告書作成もしっかり指導します。
  • 症例報告会では、東洋医療学科の複数学年でカンファレンスを行います。

実習計画

豊富な講師陣だから、充分な技術、知識を身に付けることができます。

1年次

「基礎分野」

心理学をはじめ、医療職に必要な基礎知識を学びます。

基礎実習

時間数、内容、バランス全て充実の基礎実技。 充実の210時間。はり、きゅうの基礎実技に加え鍼灸師にとって絶対必要な技術である触診の実施法の時間を備えた非の打ち所がない基礎実習システムになっています。

2年次

「専門知識と基本実習」

解剖学や臨床医学などに加えて東洋医学の知識を身につけ、鍼灸の応用的な実習を始めます。

高齢者鍼灸学

高齢者に多くみられる症状に対する刺鍼法、刺鍼穴を実習を通して学習することは勿論、高齢者の気持ちの学習、高齢者体験の実施、高齢者施設での実習等、臨床で役立つ内容で構成されています。

3年次

「約100時間の臨床実習」

本格的な実習がスタートします。
卒業後はり師・きゅう師として即働けるよう徹底的に実習します。

粟島臨床実習

晩夏の頃、毎年教員と3年生による粟島浦村での2日間の実習を行っています。学生にとって、島の方々との交流を通してコミュニケーション能力を向上させる格好の機会でもあります。

夢への道

本校では個々に抱く進路を尊重し、
学生一人ひとりにあった進路をアドバイスしサポートします。

 

国家試験

一人ひとりの進度に合わせ、教師陣が学びをサポート!
一人ひとりに合わせた個別指導で確実にバックアップします。

1年次

医療を学ぶための環境整備

【目標】医療人としての心構え、学修環境の整備

2年次

適切な治療法を選べる判断力の獲得

【目標】知識を応用できる柔軟な思考力の獲得

3年次

国家試験合格に向けての最終調整

【目標】苦手分野を把握し、効率的な学修を行うことで合格率の向上を図る

デジタルパンフレット
学校法人 北都健勝学園
新潟看護医療専門学校
025-264-3355

受付時間(平日)9:00~17:00