教育課程

 

教育課程

教育課程
 

1年次

   
基礎分野 専門基礎分野 専門分野 選択分野
心理学
情報処理
簿記  
生物学
接遇・マナー
基礎薬理学
英語
中国語Ⅰ 
保健体育
解剖学ⅠA・ⅠB
生理学ⅠA・ⅠB
臨床医学総論Ⅰ
臨床医学各論Ⅰ
医療概論
はりきゅう理論Ⅰ
東洋医学概論ⅠA・ⅠB
経絡経穴概論ⅠA・ⅠB
基礎実習はり実技Ⅰ・Ⅱ
基礎実習きゅう実技Ⅰ・Ⅱ
古典
触診法
総合演習ⅠA・ⅠB
   

2年次

   
基礎分野 専門基礎分野 専門分野 選択分野
解剖学ⅡA・ⅡB
生理学ⅡA・ⅡB
衛生学・公衆衛生学
漢方医学
中医薬膳学
病理学概論Ⅰ
臨床医学総論ⅡA・ⅡB
臨床医学各論ⅡA・ⅡB
リハビリテーション医学Ⅰ
東洋医学概論ⅡA・ⅡB
経絡経穴概論ⅡA・ⅡB
東洋医学臨床論ⅠA・ⅠB
応用実習はり実技ⅠA・ⅠB
応用実習はり実技ⅡA・ⅡB
応用実習きゅう実技Ⅰ・Ⅱ
総合演習ⅡA・ⅡB
病態生理学
中国語Ⅱ(選択)
中医薬膳
はき史
高齢者鍼灸学(介護予防)
上海演習(解剖見学等)(選択)
   

3年次

   
基礎分野 専門基礎分野 専門分野 選択分野
基礎運動学
スポーツ医学
病理学概論Ⅱ
リハビリテーション医学Ⅱ
関係法規
薬理学
衛生学・公衆衛生学Ⅱ
職業倫理
はりきゅう理論ⅡA・ⅡB
東洋医学概論Ⅲ
経絡経穴概論Ⅲ
東洋医学臨床論ⅡA・ⅡB
臨床入門はり実技Ⅰ・Ⅱ
臨床入門きゅう実技Ⅰ・Ⅱ
臨床実習
はりきゅう総合学Ⅰ・Ⅱ
総合実習
美容鍼灸・鍼灸不妊治療学
スポーツ・機能訓練鍼灸学
経絡治療・経筋治療
(上記3つのうち選択必修)
 

主な授業内容

主な授業内容
 
はり実技
はり実技

海外では、はり治療が"述語疼痛"や"抗癌薬の副作用"などに効果があると報告されており、今後は国際的にも、はり治療の医療的支援について需要が増えていくことが予想されます。
本校では"医療としてのはり治療提供者"を目指し、最も安全で衛生的な基礎技術の習得を目標に、医療用グローブ着用での練習を標準としています。グローブを着用しながらも、鍼を取り扱う繊細な感覚を身につけるべく、基礎実習から応用実習、臨床入門へと練習を重ねます
 
きゅう実技(基礎実習、応用実習、臨床入門)
きゅう実技

きゅう実技にかける時間の多さとその内容は、本校の特色のひとつでもあります。わが国で1000年以上かけて培われ、受け継がれてきた伝統的治療術を、現代の形に適合させて治癒効果を引き出せるようになることが目標です。
1年次の基礎実習では、お灸の大きさや形、燃焼温度が一定になるよう徹底的に練習を繰り返し、2年次の応用実習、3年次の臨床入門では徐々に症例に応じた施灸(せきゅう)練習へと進行していきます。
 
東洋医学臨床論Ⅰ・Ⅱ
東洋医学臨床論Ⅰ・Ⅱ

現代医学的な身体の構造・機能が理解できると、次は東洋医学独自の疾病観を学びます。伝統的な東洋の哲学・思想と、医療を結びつけ、患者様の病態を把握し、治療につなげることが、この科目の目標です。
 
高齢者鍼灸学
介護予防運動指導実習

お年寄りが、より元気に長生きするために、はり師・きゅう師も「介護予防」という観点からお手伝いすることができます。転倒予防や筋力アップなど、フィットネスの専門家による講義・実習を経て、東京都健康長寿医療センター指定の介護予防運動指導員を取得できます。
   
東洋医学は、自然が持つパワーと人が本来持っている力を最大限に有効活用し、自然治癒力を高め病気になりにくい体を作る事が出来る医学です。更に体の内側から改善していく為、病気だけではなく体本来の柔軟性や関節の動きまでもが改善できるため、スポーツ選手にとって重要なケガの予防につながります。また近年では、美容分野にも活躍のフィールドを広げており、西洋医学のようにメスや薬、注射などを使用しないことから、顔や体だけでなく心にも優しいアプローチとして注目されています。
 

施設・設備

施設・設備
 
鍼灸実技室
鍼灸実技室 
 

はり師・きゅう師として、東洋医学伝統の技を磨く実技室です。患者様にスムーズに施術できるだけでなく、的確に患部へアプローチできるよう「鍼をさす技術」「灸をすえる技術」を実践的に学びます。衛生面も最大限に考慮した作りになっています。
 
附属東洋医療センター鍼灸治療院
附属東洋医療センター
鍼灸治療院

主に3年次の臨床実習時に使用する本校附属の鍼灸治療院です。患者様に対する対応力を高め、鍼灸治療の適否を正しく判断できるよう、臨床現場さながらの実習で学びます。東洋医療センター鍼灸治療院は一般の患者様も訪れる治療院です。
 
情報処理室
情報処理室
 

社会人として必要となる情報処理のスキルを身につけます。講義以外の時間は自由に開放されており、情報検索や課題作成に使用できます。講義では1人が1台のPCを使用でき、快適な空間となっています。
     
学校法人北都健勝学園 
新潟看護医療専門学校
〒950-2264
新潟市西区みずき野1-105-1
TEL.025-264-3355
FAX.025-264-3356
───────────────
看護学科
東洋医療学科
───────────────
 
379806
<<学校法人北都健勝学園 新潟看護医療専門学校>> 〒950-2264 新潟県新潟市西区みずき野1-105-1 TEL:025-264-3355 FAX:025-264-3356