在校生の声

   
 
自分が、はり・きゅうで救われた、自分の力で人を助けたい…
一人ひとり夢への想いは違うけれど、一人前のはり師・きゅう師という同じ目標に向かって一緒に励んでいます。
   
「将来の夢に近付いている実感があります」
 
私は誰かの役に立ち、癒しを与えられる仕事に就きたいと思い、東洋医療学科に入学しました。
入学した当初は今まで習ったことのない分野で戸惑いもありましたが、勉強していく中で少しずつ理解できるようになりました。
定員は少人数ですが、その分一人ひとりが先生方から丁寧に教えていただける環境が整っています。学生同士も仲が良く、お互いに助け合いながら毎日充実した学校生活を送っています。
 
「奥深い鍼灸治療の魅力がしっかり学べます」
 
私は治療家を目指すことを決めてから、様々な治療方法を実際に受け、最も強く効果を実感できた鍼灸治療を学ぶことを決めました。
本校では、座学はもちろん、実技の時間を多く取っており、内容も基礎的なものから実際の現場で使われている実践的なものまでしっかり丁寧に先生方が指導して下さいます。また、先生方と学生の距離がとても近く、気軽に質問や情報交換のできる雰囲気であることもとても魅力的です。
   
 
就業後、即戦力となれる人材を育成するため、実践重視の授業を行う教師陣。教員一人ひとりが高いスキルを持ち、その技術力をあますことなく学生に伝えます。
   
東洋医療の有用性
 
 東洋医療はなじみのない医療と思われますが、スポーツ界、美容界、健康増進など様々な分野で利用され注目されている医療です。特に癌治療効果などアメリカで鍼灸治療の研究がされており、今後の発展が期待されています。
 勉強は解剖学、生理学などを学びますが、それ以外にも経絡経穴概論、東洋医学概論など今まで習ったことがない東洋医学を学ぶため知識の幅は広がると思います。当校は実技時間が多いのも特徴です。
 
 
知識・技術・心の成長をサポート
 
 はり師・きゅう師は乳幼児の夜泣きからスポーツ選手のコンディショニング、高齢者の腰痛等様々な場面や患者様に出会います。
 それに対応するためには知識・技術・心構えが必要になりますが、本校では実習の中で学生がどのように患者様と関わっていけば良いのかを一緒に考えながら授業を進め、臨床現場とのギャップを少なくするように意識しています。学校の授業を通じて技術だけでなく治療家としての心の成長を促せるように全力でサポートしていきます。
学校法人北都健勝学園 
新潟看護医療専門学校
〒950-2264
新潟市西区みずき野1-105-1
TEL.025-264-3355
FAX.025-264-3356
───────────────
看護学科
東洋医療学科
───────────────
 
371311
<<学校法人北都健勝学園 新潟看護医療専門学校>> 〒950-2264 新潟県新潟市西区みずき野1-105-1 TEL:025-264-3355 FAX:025-264-3356