教育課程

 

教育課程

教育課程
 

1年次

   
基礎分野 専門基礎分野 専門分野I 専門分野Ⅱ 統合分野
情報科学
社会哲学
国際文化論
心理学
法学
健康とスポーツ
文学
人間関係学
英語Ⅰ
解剖学Ⅰ
解剖学Ⅱ
生理学Ⅰ
生理学Ⅱ
生化学
病理学
疾病学Ⅰ
疾病学Ⅱ
疾病学Ⅳ
疾病学Ⅴ
病原微生物学
臨床栄養学
薬理学
公衆衛生学
医療概論
基礎看護学概論Ⅰ
基礎看護技術Ⅰ
基礎看護技術Ⅱ
基礎看護技術Ⅲ
基礎看護技術Ⅳ
基礎看護技術Ⅴ
基礎看護技術Ⅵ
基礎看護技術Ⅶ
基礎看護技術Ⅷ
成人看護学概論
成人看護援助論Ⅰ
老年看護学概論
精神看護学概論Ⅰ
小児看護学概論
母性看護学概論
   

2年次

   
基礎分野 専門基礎分野 専門分野I 専門分野Ⅱ 統合分野
教育学
中国語
疫病学Ⅲ
治療論
リハビリテーション概論
社会福祉学
東洋医療
基礎看護学
概論Ⅱ
成人看護援助論Ⅱ
成人看護援助論Ⅲ
成人看護援助論Ⅳ
成人看護援助論Ⅴ
老年看護援助論Ⅰ
老年看護援助論Ⅱ
老年看護援助論Ⅲ
精神看護学概論Ⅱ
精神看護援助論Ⅰ
精神看護援助論Ⅱ
小児看護援助論Ⅰ
小児看護援助論Ⅱ
母性看護援助論Ⅰ
母性看護援助論Ⅱ
母性看護援助論Ⅲ
在宅看護概論Ⅰ
在宅看護概論Ⅱ
在宅看護援助論Ⅰ
災害看護論
   

3年次

   
基礎分野 専門基礎分野 専門分野I 専門分野Ⅱ
統合分野
経済学
英語Ⅱ
関係法規
生命倫理
小児看護援助論Ⅲ 在宅看護援助論Ⅱ
臨床適応Ⅰ
臨床適応Ⅱ
臨床適応Ⅲ
国際看護論
   
臨地実習 特別教育活動
基礎看護学実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅱ
成人看護学実習Ⅰ
成人看護学実習Ⅱ
成人看護学実習Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ
老年看護学実習Ⅱ
母性看護学実習
小児看護学実習
精神看護学実習
在宅看護論実習
統合実習
全学年共通
●入学式
●健康診断
●ナイチンゲール記念講演
●学校祭
●スポーツ大会
●ともしびの灯
●3年生を送る会
●卒業式

1年生
●新入生研修
●解剖見学

3年生
●ケース・スタディ発表会
 

主な授業内容

主な授業内容
 
解剖学Ⅰ・Ⅱ

解剖学Ⅰ・Ⅱ

人体の構造に関する基礎的知識(運動器系・消化器系・神経系など)を修得します。国家試験の際にも必要となる重要な科目であるため、1年次から構造毎に丁寧に学んでいきます。

 
基礎看護技術Ⅰ〜 Ⅷ

基礎看護技術Ⅰ〜 Ⅷ

あらゆる場面において必要となる基礎的な看護技術を身につけます。単に方法や手順を学ぶのではなく、看護師として必要な判断力(問題解決能力・行動力)を身につけ、その判断に基づいて看護できる能力を養います。

 
 
小児看護学概論

小児看護学概論

成長や発達過程にある子どもの特徴を身体的・精神的・社会的側面から学びます。個の発達に応じた看護、障害児の看護活動、小児を取り巻く家庭環境や社会環境について理解します。

 
災害看護論

災害看護論

災害時に的確に行動し、生命や生活を支えるために必要となる看護の知識を身につけます。普通救命講習と連動し、災害救援活動時のトリアージ※訓練や災害現場での看護師の役割を実践的に学びます。
※災害時、最善の救命効果を得るために重症度や緊急性により治療の優先度を決める方法

 

施設・設備

施設・設備
 
基礎・成人看護学実習室
基礎・成人看護学実習室 

実際の病院と同等の設備を備え、主に1年次で履修する「基礎看護技術」などで使用します。患者様への日常生活援助技術をはじめ、バイタルサイン(体温・脈拍・血圧・呼吸)測定技術といった、基礎的な看護技術を身につけるための実習室です。
 
在宅看護論実習室
在宅看護論実習室  

高齢社会において、ますます注目される在宅看護の仕事。実際に生活をする部屋で看護することを想定し、実践的にトレーニングができます。移動が困難な寝たきりのお年寄りや障害者の日常生活を援助する技術を、実習を通じて身につけます。
 
演習室
演習室

グループワークや研究発表などで使用する大規模教室です。空いている時間は自由に使え、ランチを食べたり、友人とくつろげるオープンスペースとなっています。
     
学校法人北都健勝学園 
新潟看護医療専門学校
〒950-2264
新潟市西区みずき野1-105-1
TEL.025-264-3355
FAX.025-264-3356
───────────────
看護学科
東洋医療学科
───────────────
 
358939
<<学校法人北都健勝学園 新潟看護医療専門学校>> 〒950-2264 新潟県新潟市西区みずき野1-105-1 TEL:025-264-3355 FAX:025-264-3356